事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

企業のM&A助言業務、メガバンク系証券好調。みずほ証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券など

このエントリーをはてなブックマークに追加  

メガバンク系で市場7割を占有
企業のM&A(合併・買収)助言業務に乗り出している、メガバンク系列の証券会社3社が好調です。市場占有率は、2年連続で約7割に上り、リーマン・ショックのあった平成20(2008)年度に比べ3倍増。買収側の企業の資金調達が巨額になるケースも多いため、やはりメガバンク系は有利です。銀行の海外取引網の厚みに加え、その融資能力や顧客基盤も武器になります。
170505_1.jpg
首位はみずほ証券
平成28(2016)年度の首位は、みずほ証券(みずほ証券(株):東京都千代田区 坂井辰史社長)。2位は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(三菱UFJモルガン・スタンレー証券(株):東京都千代田区 長岡孝社長)。3位は、SMBC日興証券(SMBC日興証券(株):東京都千代田区 清水喜彦社長)。みずほ銀行は、ソフトバンクグループ(ソフトバンクグループ(株):東京都港区 孫正義社長)による英アーム・ホールディングス買収など、同グループのM&Aの大半に関わりました。買収時のつなぎ融資をみずほ銀行が出し、買収を後押しました。

海外ネットワーク構築も勝因に
国際的なM&Aが増加するなか、海外ネットワーク網を構築したことも成功が続く理由です。三菱UFJフィナンシャル・グループ((株)三菱UFJフィナンシャル・グループ東京都千代田区 園潔会長)は平成20(2008)年、米モルガン・スタンレーに出資しました。みずほフィナンシャルグループ((株) みずほフィナンシャルグループ:東京都千代田区 佐藤康博社長)も、米投資銀行エバコアと提携。外資系金融機関が中心だった現場で、存在感を増しています。

独立系大手証券会社は押され気味
一方、独立系の大手証券は押され気味で、国内最大手の野村証券(野村證券(株):東京都中央区 森田敏夫社長)も、M&A助言ではシェアが13%にとどまりました。順位も10位と振るいません。


[2017.5.5]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 企業のM&A助言業務、メガバンク系証券好調。みずほ証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券など

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2883

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30