事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

スマホ急普及に格安スマホの猛追で「Made in JAPAN」半導体製造装置の輸出が急拡大!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

半導体や液晶デバイスが足りない?
財務省が12月18日に発表した今年11月の「貿易統計速報」によると、輸出額は6兆9,204億円と前年同月から16.2%伸び、12ケ月連続で輸出額が増加しています。大手キャリアのスマートフォンに格安スマートフォンが競合し始め、半導体や液晶デバイスを製造する半導体製造装置が好調で、中国向けが単月としては米国を上回り2ケ月連続で過去最高を記録しました。
輸出先を見ると、中国を中心にアジア諸国の存在感が高まっています。
171221_1.jpg
輸出の過半以上が中国を含むアジア圏
中国向けの輸出額は、1兆3,797億円と前年同月から25.1%も増え、過去最高であった先月からさらに伸びました。
一方、米国は1兆3,686億円とわずかに中国への輸出額に届きませんでした。米国への輸出では自動車や関連部品が堅調に伸び同13.0%増えましたがアジアの伸びには及びませんでした。
輸出に占める中国を含むアジア向けの構成比率は56.3%に達し、平成23年8月以来6年ぶりの高水準となりました。「ものづくり日本」、「技術大国・日本」が再認識された結果です。

日常生活ではすでに欠かせない半導体
中国向けの半導体製造装置の輸出の伸び率を見ると前年同月から68.9%と急速な伸びを見せています。これは半導体の用途として、スマートフォン以外でもエアコンの温度センサーや、炊飯器、パソコンの心臓部であるCPU(Central Processing Unit:中央処理装置)、テレビ、冷蔵庫、LED(Light Emitting Diode:発光ダイオード)電気と、日常生活では欠かすことのできないものになっています。
特に半導体は、家電製品だけでなく、銀行のATM(Automated Teller Machine:現金自動預入れ払出し機)や電車の運行システム、医療ネットワークなどに幅広く使われ、最近では自動車の自動運転技術のシステムも半導体は欠かせません。

日本の半導体製造装置メーカー、ニーズに応え生産体制を整備
日本の半導体製造装置メーカーでは、このニーズを受け、設備投資を積極的に行い東京エレトロンやSCREENホールディングス、日立ハイテクノロジーズなど主要7社の今年度の設備投資額は前年度から65%増の1,186億円となる見通しです。
特に半導体物質で作られた円盤型のウエハーを加工する装置のニーズが急増しており、メーカーではニーズに応えるため生産体制の整備を急いでいます。
米SEMI(Semiconductor Equipment and Materials International:半導体製造装置材料協会)によると、日本製の半導体製造装置の販売高は、平成30年度にはリーマン・ショック前に迫る1兆8,000億円ほどになると予測しました。


[2017.12.21]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スマホ急普及に格安スマホの猛追で「Made in JAPAN」半導体製造装置の輸出が急拡大!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3136

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31