事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

JTBゴールデンウィーク旅行動向、国内は過去最高、海外は減少!訪日外国人は円安、LCC拡充、オープンスカイで3割増

このエントリーをはてなブックマークに追加  

1泊以上の国内外旅行者数、過去最高の2,279万人
旅行大手のJTBは4月4日、ゴールデンウィークの旅行動向を発表。今年4月25日〜5月5日に1泊以上の国内外合わせた総旅行人数は、前年同期比0.8%増の2,279万6,000人と過去最高になる見通しです。
130409_1.gif
このうち国内旅行人数は、同1.0%増の2,223万人を見込み過去最高。東京スカイツリーや今年30周年の東京ディズニーリゾートなど見所の多い首都圏・関東方面が人気のほか、NHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台である会津を中心に東北方面への旅行が増える見通しです。

円安、飛び石連休の影響?海外旅行者数は5%減、56万人
一方、大胆な金融緩和により円安が進み影響が懸念される海外旅行人数は、前年同期比5.0%減の56万6,000人と減少の見通し。今年は連休の間に平日が3日続くため、長期休暇がとりづらいなどの影響もあるようです。
尖閣諸島や竹島の領土問題を巡り、中国への旅行者は同18,8%減、韓国へは同10.9%減と落ち込みが目立ちます。海外旅行先では、ハワイやシンガポール、タイ、台湾が人気となっているようです。

円安、オープンスカイ、LCC効果!2月訪日外国人73万人
訪日外国人の動向をみると、今年2月には前年同期比33.1%増の73万人が日本を訪れるなど、円安も追い風となり堅調な伸びを示します。特に台湾やタイ、マレーシア、ベトナム、インドからの訪日外国人数は過去最高を記録。オープンスカイ効果による路線の充実やLCC(格安航空会社)の座席供給量の拡充など後押しとなっています。
国土交通省観光庁が今年3月に発行した「平成24年訪日外国人の消費動向・年次報告書」によると、平成24年の国内での訪日外国人による旅行中の支出額は、1人当たり11万1,983円と推計。宿泊費などパッケージツアー参加費を加えると総額は1兆861億円に上り、前年の8,135億円から33.5%増加しています。

訪日外国人:日本への満足度は9割、再訪希望者も9割超え
JTBによると、ゴールデンウィーク中の国内旅行費用は1人当たり平均3万5,900円。旅行中の支出額を加えても訪日外国人の支出には及ばないことが推測され、堅調な訪日外国人の増加はアベノミクスの追い風ともなります。報告書によると日本訪問全体での満足度では、「大変満足」が40.7%、「満足」が49.9%と9割に上り、「また来たい」と答えた再訪希望者も9割を超えました。
円安・株高による消費マインド回復の兆しが見え始め、国内外旅行は過去最高を記録。訪日外国人数も、震災の影響から改善が見られ宿泊や外食、小売、交通、娯楽産業など波及効果が実体経済に反映されていきます。


[2013.4.9]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: JTBゴールデンウィーク旅行動向、国内は過去最高、海外は減少!訪日外国人は円安、LCC拡充、オープンスカイで3割増

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1252

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31