事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

ソニー×オリンパスが共同出資:ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ/4K内視鏡を開発。医療分野に切り込み!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

画像センサー技術と内視鏡のコラボレーション
151001_1.jpg
 成長産業である医療分野へ、異業種大手からの新規参入が目立っています。音響・家電メーカーの「ソニー」は、最先端の4K映像で患者の患部を撮影できる、外科手術用の内視鏡を開発しました。この分野で屈指の「オリンパス」と2013年に合弁会社を設立後、初の製品です。着実に新分野に乗り出す姿勢は、ソニーの構造改革と呼ぶほうがふさわしいかもしれません。
 
 4K画像は、テレビやカメラに詳しい人ならご存じかもしれません。簡単にいえば、ハイビジョンの2倍も細かい画像です。新製品は、内視鏡で国内シェア1位のオリンパスが持つ技術と、暗い場所でも鮮明に撮影できるソニーの画像センサーの技術を組み合わせました。細い血管が見分けやすくなれば、ことに高難度の手術で、手術時間の短縮や安全性の向上が期待できます。
 
戦後を代表する名門企業が賭ける構造改革
 両社とも、経営環境は万全ではありません。ソニーは、テレビなど家電事業の不振が影響し、15年3月期までの5年間で、税引き後利益で計9000億円以上の赤字を計上しました。ウォークマンで世界を席けんしたのは、過去の話です。オリンパスも、粉飾決算の発覚で経営が悪化し、ソニーから約500億円の出資を受けています。筆頭株主になったソニーは、今年4月、その株の半分をJPモルガン証券に売却しました。売却益は468億円とされます。今回の開発も含め、医療分野へ進出するための資金ねん出の意図もあったのでしょう。
 
 ソニーには、画像センサーのほかにも、ゲーム事業など利益率の高い部門があり、業績もやや回復しています。画像センサーを成長の柱とした多用途化は今後、いっそう進むでしょう。これは、もはや、構造改革です。改革は「痛み」を伴いますが、社員が力をあわせ、荒波を乗り越えていけるか。日本の戦後を代表する名門企業だからこそ、頑張ってほしいですね。

[2015.10.1]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ソニー×オリンパスが共同出資:ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ/4K内視鏡を開発。医療分野に切り込み!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2281

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31