事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

JR東日本:東京・竹芝エリアの大規模再開発/山手線新駅「高輪駅」開業

このエントリーをはてなブックマークに追加  
湾岸エリアの大規模再開発
toukyoueki.jpg
東日本旅客鉄道(JR東日本/東日本旅客鉄道(株):東京都渋谷区 冨田哲郎社長)が、東京・竹芝エリアの再開発を進めます。新宿駅周辺の複合ビル開発は以前に紹介しました。
品川駅周辺の大規模開発プロジェクトも含め、JR山手線沿いから目が離せない状況です。JRもゼロ金利政策の中、拠点駅の近隣開発へ力を入れることは当然の流れです。

敷地2万3000㎡に26階建て高層ビルや劇場棟
竹芝エリアの再開発は、浜松町駅近く、国指定の特別名勝・特別史跡「浜離宮恩賜庭園」(東京都中央区)周辺の湾岸エリアが対象です。
敷地面積は、2万3000平方メートル。ホテル(270室)やオフィスが入る地上26階建ての高層棟や、地上5階建ての劇場棟を建設します。延べ床面積は10万3000平方メートル、事業費は500億円に上ります。
平成29(2017)年着工で、平成32(2020)年春には、高層棟が開業する計画。これに伴い、劇団四季の劇場は平成29(2017)年6月末に休止します。

hamarikyuu.jpg
浜離宮と東京湾、伝統と未来をイメージ
竹芝エリアの魅力は、その空間と、立地条件です。浜離宮と東京湾は、日本の伝統と未来を同時にイメージさせられる独特の空間であり、同時に、羽田空港や東京五輪の会場となる東京ビッグサイト(東京都江東区)などへのアクセスも良い。このエリアの海のルートを再整備する都の計画もあります。
JR東日本の冨田哲郎社長は、会見で「魅力的なエンターテインメント性のあるエリアを作る。高層棟には、「国際的なブランドの高級ホテルを誘致する」としています。

山手線30番目の新駅「高輪駅」開業
竹芝エリアには、平成32年(2020年)の東京オリンピック・パラリンピックにあわせて暫定開業する予定の、JR山手線高輪駅から遠くないエリアです。
東京駅から品川駅間にはたくさんの名勝があり、東京の新しい観光名所になる可能性を秘めています。

旧赤プリ、丸の内...変わる東京の風景
同エリアのほか、西武ホールディングス((株)西武HD:東京都豊島区後藤高志社長)は今年7月、旧赤坂プリンスホテル跡地に複合施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」を全面開業します。
東京・丸の内の再開発も加熱中で、東京の風景はどんどん変わっていきそうです。

[2016.07.30]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: JR東日本:東京・竹芝エリアの大規模再開発/山手線新駅「高輪駅」開業

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2588

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31