事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

人手不足解消:ITによる"おもてなし"(外食産業)クラウド、タブレット、アプリが注目

このエントリーをはてなブックマークに追加  
ITで「おもてなし」力をアップtoreta.jpg
世界的な和食ブームと、訪日外国人観光客の増加。"追い風"を受けている高級料亭や高級レストランですが、人手不足、突然のキャンセルなどが悩みの種です。そうしたニーズに応えるITを使ったサービスが、注目されています。ITで「おもてなし」力を補う工夫です。

契約数6500店、高級店の接客
ITベンチャーのトレタ((株)トレタ:東京都品川区 中村仁代表取締役)は、高級店でも活用できる「クラウド型サービス」を始めました。
クラウド型とは、膨大な情報を自分のパソコンのハードディスクではなく、ネットワーク上に置き、いつでも引き出せる仕組みをいいます。トレタは、データを入力しやすいよう片手でも操作できるなど、使い勝手の良さを追求しました。

利用料は、月1万2000円(税別)。今や、6500店が契約し、高級店の接客の形のひとつになっています。

担当が交代しても落ちない接客の質
たとえば、東京・銀座で30年以上続くフランス料理の老舗「レストラン ドンピエール」(東京都中央区小泉壮平店長)。
このサービスを使い、タブレット(多機能端末)で、顧客関連情報を一括管理しています。
予約情報、食事内容から、「暗めの調光が好み」「前回は結婚記念のお祝いで利用」など、顧客のおもてなしにつながる細かな情報を網羅し、担当者が交代しても接客の質が落ちないようにしました。

pokectc.png予約アプリが決済も対応
ポケットメニュー((株) ポケットメニュー:東京都渋谷区 戸門慶代表取締役)は、高級店向けに予約アプリ「ポケットコンシェルジュ」を開発しました。
ポケットコンシェルジュには、高級店のみ350店が掲載され、キャンセルが出ても、「高級店志向」の別の顧客からすぐに予約が入ります。アプリは決済にも対応しており、領収書を書く手間も省けます。

英語版も登場し、訪日外国人観光客のニーズにも幅広く応えていけそうです。

[2016.08.03]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 人手不足解消:ITによる"おもてなし"(外食産業)クラウド、タブレット、アプリが注目

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2590

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31