事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

ご当地ブランドの可能性にアパレルメーカーも注目。シャツのHITOYOSHI、奈良の靴下、神戸シューズ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

産地淘汰の結果、希少性アピールしやすく
「今治タオル」が全国区になったように、「ご当地ブランド」は、多くの可能性を秘めています。インターネット通販の普及で、販路のない地方企業でも消費者の目にとまりやすくなりました。産地の淘汰が進み、希少性がアピールしやすくなった面もあります。品質の良さや丁寧な仕事ぶりがネット内で評価されれば、その評判が広がるのです。例を見てみましょう。
 
ヒットした「人吉メードインジャパン」
170623_1.jpg
シャツ製造のHITOYOSHI(HITOYOSHI(株):熊本県人吉市 吉國武社長)は、成功事例の代表です。平成23(2011)年に阪急阪神百貨店((株)阪急阪神百貨店:大阪府大阪市 荒木直也社長)と組んで作ったシャツ「人吉メードインジャパン」がヒットし、九州の百貨店や専門店や海外にも販路を広げています。売上高は平成28(2016)年に8億5千万円。平成21(2009)年に親会社が経営破綻し、素材や着心地にこだわったご当地ブランドに活路を求めました。平成29(2017)年は売上高9億円を目指します。
 
ご当地ブランドにはメーカーも注目
靴下で国内生産の6割を占める奈良県では、「奈良県靴下工業協同組合」(奈良県大和高田市 喜夛輝昌理事長)が、靴下の数え方にちなむ「The Pair(ザ・ペア)」を立ち上げ、東京都内のアンテナショップなどで売り始めました。やはり、組合員が減少していく危機感を突破口に変えました。こうしたご当地ブランドに注目するメーカー側の動きもあります。ワールド((株)ワールド:兵庫県神戸市 上山健二社長)は昨年から「新潟ニット」「長崎シャツ」などを展開しています。
 
くつにジュエリーまで「ご当地」の奥深さ
ご当地ブランドは、アパレルだけに限りません。婦人靴ブランド「神戸シューズ」(くつのまちながた神戸(株):兵庫県神戸市 新井康夫社長)は、銀座に常設店を出店。甲府市の産地ブランド「Koo―fu(クーフー)」((株)石友:山梨県甲府市 向山孝明社長)も、銀座・松屋で開いた宝飾品の期間限定店が好評でした。同社は、地元の宝飾品加工業者が平成18(2006)年に立ち上げたブランドです。


[2017.6.23]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ご当地ブランドの可能性にアパレルメーカーも注目。シャツのHITOYOSHI、奈良の靴下、神戸シューズ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2938

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30