事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

ヤマトHD:高性能3Dプリンター導入で製造分野へ本格参入。受託製造して配送へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

物流業界が製造分野へ
関連業種への進出はよくある話ですが、物流大手のヤマトホールディングス(ヤマトHD(株):東京都中央区 山内雅喜社長)が、物流拠点に「高性能3Dプリンター」を設置し、受託製造した製品を宅配便で配送するという新ビジネスに乗り出します。日本通運(日本通運(株):東京都港区 渡邉健二社長)も、追随する様子。物流業界の製造分野への挑戦が本格化します。

航空宇宙や医療向け部品に対応可能
ヤマトHDは、大型物流拠点「羽田クロノゲート」(東京都大田区)に、米国製3Dプリンターを導入しました。樹脂などを何層にも積み重ね、デジタルデータを立体造形物として実体化するこの装置のなかでも、航空宇宙や医療向けの部品に対応する能力を持つ超高性能のものです。

2025年度100億円の売上げ目指す
170217_1.jpg
今年2月、一人ひとりの患者に合わせた形状が求められる医療関連製品の受注生産サービスが始まりました。製造期間は3日程度と、7~10日かかった専門の工場に発注するよりはるかに速い。将来は機械部品などにも広げ、平成37(2025)年度に100億円の売り上げを目指します。

海外生産の製品を日通が一括請け負い
日本通運は、受託製造仲介のカブク((株)カブク:東京都新宿区 稲田雅彦社長)と組み、やはり、物流拠点に3Dプリンターの設置を検討中です。カブクは、世界33カ国約300の提携工場にオンラインで製造を発注できるサービスを運営する企業。両社は、3Dプリンター工場の世界的ネットワークづくりを視野に入れ、海外で生産した製品の輸送を日通が一括で請け負う計画です。

物流の"川上"をターゲットに
こうした動きの背景には、本業の宅配便が人手不足によるコスト上昇にさらされていることがあります。効率化を最優先にしてきた企業が、物流の「川上事業」をターゲットにした格好です。


[2017.2.17]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ヤマトHD:高性能3Dプリンター導入で製造分野へ本格参入。受託製造して配送へ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2797

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31