事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

自動運転車の考察②:GM、グーグル、中国・百度など、日本は9年後のレベル4を目標。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
同業、関連企業、海外...競争激化GM.png
米フォード・モーター(カリフォルニア州 マーク・フィールズCEO)が完全自動運転車の開発に舵をきりましたが、この"世紀の事業"を巡る米国の状況は、完成車メーカーの同業他社、関連技術企業、そして海外も加わり、激しい競争が起きています。

日本は2025年までにレベル4実現を目指す
自動運転の技術は4段階に分けられます。ハンドルを切ったり加速したりする複数の操作を同時にシステムが担う「レベル2」は、すでに一部実現しました。

すべての操作をシステムが行い、緊急時はドライバーが対応するのが「レベル3」。完全自動運転は「レベル4」で、この段階では、坂道の勾配やカーブの正確な角度などの細かな情報を盛り込んだ立体地図も不可欠です。
日本では、平成32(2020)年をめどに「レベル3」、平成37(2025)年をメドに「レベル4」の実現を掲げています。

GMはフォード/フォードのライバルに5億ドル出資
フォードのほか、米ゼネラル・モーターズ(GM/ミシガン州 ダニエル・アンカーソンCEO)など、他社の動きも活発です。
GMは、フォードが無人タクシーの車両供給先の1つとして選んだ企業のライバル社に、5億ドル(約500億円)を出資しました。近く、共同で無人タクシーの実験を始めます。

baigle.png中国・百度も光センサー企業に7500万ドル
関連技術の開発では、米グーグル(カリフォルニア州 スンダー・ピチャイCEO)が、圧倒的に先行。
海外では、欧州のほか、中国のインターネット検索大手の百度(バイドゥ/北京市 李彦宏CEO)が、フォードと同じ光センサー大手、米ベロダイン(カリフォルニア州デビッド・ホールCEO)に7500万ドル(約75億円)を出資するなど活発です。

運転に関わらない車の時代
近年高齢者の運転は大事故になり易いとされています。安全が担保されれば、ハンドルやアクセルもない、ドライバーが運転に関わらない車が、これほどの技術の進歩で、いずれは手が届くものになるのです。

[2016.09.01]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自動運転車の考察②:GM、グーグル、中国・百度など、日本は9年後のレベル4を目標。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2616

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30