事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

ロボネコヤマト:ヤマト運輸・DeNA/自動運転機能車両で無人化に挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加  
宅配便の配達に自動運転技術を活用!yamato.jpg
運送業大手のヤマト運輸(ヤマト運輸(株):東京都中央区 長尾裕社長)と、総合的なインターネットサービス企業ディー・エヌ・エー(DeNA/(株) ディー・エヌ・エー:東京都渋谷区守安功社長)が、宅配便の配達に「自動運転技術」を活用する計画を発表しました。平成29(2017)年3月から実験に乗り出します。将来は「無人化」を目指すという夢の事業です。

専用車両「ロボネコヤマト」
具体的には、両社が共同で、自動運転機能を備えた専用トラック車両(名称は「ロボネコヤマト」)を開発。つくば市など、国が国家戦略特区に指定し、公道で自動走行ができる場所を実験場とし、宅配便の荷物を積み込み、届けるまでを実験します。
安全確保のためドライバーは乗り込みますが、配送ルートの一部では完全な自動運転に切り替え、無人化の可能性を探ります。

望むときに望む場所で望むモノを/長尾裕社長
将来、自動運転が実現すれば、深夜や早朝でも、止まることなく配達ができます。人手の確保という難題も解消され、消費者の元に商品が届く時間も短縮される。ネットで注文を受け付け、自動運転車が複数の商店で商品をピックアップし、家庭まで届けるサービスも可能になるかもしれない。
ヤマト運輸の長尾裕社長は「顧客が望むときに望む場所で望むモノが手に入れられる世界を実現する」と意気込んでいます。

dena.pngDeNAは自動運転タクシーの実験を実施中
ヤマトの宅配便取扱個数は、平成27(2015)年度に約17億個と、10年前に比べ約5割増で、事業拡大を模索中。DeNAは、自動運転をゲームに次ぐ主力事業に育てる方針で、ロボット開発ベンチャーZMP((株)ZMP:東京都文京区谷口恒社長)と組んだ自動運転タクシーの実験も実施しています。

両社の思惑が一致した結果ですが、近い将来タクシーも宅急便も無人の時代が来るかもしれません。

[2016.08.16]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ロボネコヤマト:ヤマト運輸・DeNA/自動運転機能車両で無人化に挑戦

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2600

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31