事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

大手銀行がATM機能強化。税金納付からカード磁気修復まで。キャッシュレス決済優勢の時代へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

税金納付からキャッシュカード修復機能まで
170622_1.jpg
大手銀行が相次いでATMの機能強化を進めています。税金を簡単に納付できるATMから、より多くの紙幣や硬貨を扱えるもの、傷んだキャッシュカードを修復する機能を盛り込んだものまで、実にさまざま。目的はもちろん顧客の利便性を高めることですが、各店舗の窓口業務の負担軽減にもつながります。浮いた時間は資産運用などの主要業務に充てられます。

窓口5分がATM1~2分へ
三井住友銀行((株)三井住友銀行:東京都千代田区 髙島誠頭取)と三菱東京UFJ銀行((株)三菱東京UFJ銀行:東京都千代田区 小山田隆頭取)は、税の納付書や振込書を挿入すると、自動的に振込先や金額を読み取り、その情報を画面に表示するATMを導入します。顧客は「キャッシュカード」か「現金」かの支払い方法を選んで入金するだけで領収書が出てきます。窓口では5分ほどかかっていた作業が、1~2分に短縮されました。三菱東京UFJ銀では今年4月から試験導入し、三井住友銀は来年春をめどに、それぞれ全国数百店舗で展開します。

30秒でカードの磁気修復!
りそな銀行((株)りそな銀行:大阪府大阪市 東和浩社長)は、磁気の異常で読み取れなくなったキャッシュカードをATMで修復するサービスを始めました。これまでは、再発行の手続きに1週間程度が必要でしたが、これがたった30秒程度で済みます。ありがたいサービスです。

キャッシュレス決済が優勢になっていく時代へ
金融とIT(情報技術)を融合させたフィンテックが普及し、スマホなどを使ったキャッシュレス決済が優勢になっていく時代です。日銀のマイナス金利政策の影響で、預金の運用先に苦しむなか、店舗の役割を見直す必要性に迫られた面もあるでしょうが、先駆的な取り組みです。スマホの操作にもATMにも不慣れな高齢者をどう扱っていくかが、普及のカギでしょう。


[2017.6.22]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大手銀行がATM機能強化。税金納付からカード磁気修復まで。キャッシュレス決済優勢の時代へ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2937

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30