事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

中国が主導する国際開発金融機関『AIIB』が正式発足。本音とタテマエを見極めると......。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

方針や内容が不透明ななかでの投資?
160123_1.jpg
 中国が主導する国際開発金融機関「AIIB(アジアインフラ投資銀行)」が正式に発足し、今年1月、北京で、第1回総会や理事会が開催されました。ドイツ、英国、韓国など参加国57か国でのスタートです。初代総裁の金立群氏(元中国財務次官)は、日本の参加を切望しています。しかし、運営方針や活動内容などが不透明な現状では、不参加が賢明と思われます。
 
 中国がAIIB構想を提唱したのは、2013年10月。すぐさま20か国と設立合意書を交わし、その後の展開もスピーディでした。設立目的を要約すると、アジアの新興国・途上国におけるインフラニーズは高い。しかし、既存の国際金融機関は欧米諸国に主導され、その意向が強く反映されて必要な改革ができていない。よって、新たな国際機関で各国間の物理的な連結性を強化し、経済発展を支援する――という内容です。
 
インフラ投資でアジア諸国を取り込む目論見
 アジアの経済は急成長しており、その発展を支えるには、毎年7500億ドル(約90兆円)のインフラ投資が必要と言われます。ただし、それを主導しようとする中国には、国際通貨基金、世界銀行、アジア開発銀行など既存の国際金融秩序への挑戦という以上に、インフラ投資によってアジア諸国を取り込み、陸も海も含めた中国の勢力圏を広げようという思惑が見え隠れします。米国も、それを警戒しています。

 AIIBが予定する法定資本金1000億ドル(当初は500億ドル程度でスタート)は、大きなインパクトです。しかし、運営方針も詳らかにせず、債券の信用度「格付け」も得ないまま、国際的に資金調達を行うのは、ある意味、傲慢。全くリスクが測れない金融機関に、安易に同調はできません。

[2016.1.23]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中国が主導する国際開発金融機関『AIIB』が正式発足。本音とタテマエを見極めると......。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2407

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31