事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

日立製作所:AIとウエアラブル端末で社員に「幸福感」を。600人実験で大きな成果

このエントリーをはてなブックマークに追加  

AIが高めてくれる「幸福感」
170718_1.jpg
人工知能(AI)の可能性は、どこまで広がるのでしょうか。日立製作所((株)日立製作所:東京都千代田区 東原敏昭社長)は、「H」と名付けたとAIと、名札型のウエアラブル端末を活用して、仕事の労働生産性を高める技術を開発しました。いわば、幸福感の高まる働き方をAIでつくりだしたのです。検証を重ね、組織活性化ツールとして実用化を目指します。
 
法人営業部では受注額が11%もアップ
日立は長年、人の「幸福感」について研究を続けてきました。今回、分析に用いるデータ取得には、社員が首からぶら下げたウエアラブル端末を活用。各種センサーが内蔵されており、社員の身体の動きなどから組織の活性度を数値化します。法人営業部門の約600人で実験したところ、AIによる分析に基づいて働き方を改善した部署では、製品・サービスの受注額が目標を平均11%上回る大きな成果をあげました。AIが皆をハッピーにしました。

組織の活性度を高めるアドバイスをスマホに配信
科学的な検証は続きます。身体のわずかな揺れなどを加速度センサーで捉え、赤外線送受信機で誰と対面しているか検知したり、ビーコン(無線発信機器)などで会議の参加人数や時間、出退勤や出張などの行動記録も計測したり。それらがAIのデータとなり、AIは、組織の活性度を高めるのに有効な従業員ごとのアドバイスを作成して、スマートフォン(スマホ)の専用アプリで毎日配信します。使い方次第で、働き方が大きく変わるでしょう。

心身の健康管理を制した企業が勝つ
「朝のうちに相談や質問をすると、仕事がはかどりやすいようです」「会議であなたの意見を提案してみましょう」「デスクワークに集中できる環境をつくりましょう」。社員の心身の健康管理を制した企業が勝つ時代です。夢のある、面白い試みを、人間主体で実践してほしいと思います。


[2017.7.18]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日立製作所:AIとウエアラブル端末で社員に「幸福感」を。600人実験で大きな成果

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2965

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31