事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

リニア新幹線、鉄道で世界最高の603kmを記録!訪米中の安倍首相のリニア輸出トップセールスに期待

このエントリーをはてなブックマークに追加  

品川・名古屋間の土木工事が本格化
150505_1.jpg
JR東海の超電導リニアモーターカーが4月21日、鉄道で世界最高の時速603kmを記録。同社は,リニア中央新幹線の品川・名古屋間の平成39年開業に向け今年度から本格的な土木工事を開始します。
リニア中央新幹線の建設工事は、最難関区間とされる「南アルプストンネル新設工事」。総事業は5兆5,000億円に上り今世紀最大のプロジェクトが動き出します。

南アルプス赤石トンネル工事は問題なし!
南アルプストンネルは、標高3,000m級の山々が連なる赤石山脈の真下を貫く全長25kmの山岳トンネル。陸上の鉄道トンネルとしては、東北新幹線の八甲田トンネルなどすでに長い鉄道トンネルが建設されており,長さ自体は目新しいものではないといいます。
JR東海が開業を目指すには、南アルプストンネル以外に全長約37kmの大深度地下トンネル「第一首都圏トンネル」や同34kmの「第一中京圏トンネル」などの開通を現実のものとしなければなりません。

リニアの技術、米国に提供?
リニア中央新幹線の建設がすすむなか、昨年4月には,安倍首相はオバマ米大統領とリニアの技術を米国に無償提供すると突然表明。安倍首相は、JR東海の葛西名誉会長とは親しい仲でもあり同社の了解のもとリップサービスとなりました。
4月28日には日米首脳会議で、政府が推進するワシントン・ボルティモア間のリニア新幹線構想も話題になり,「両政府は強力を拡大する」と表明。地元メリーランド洲政府が参画する方針を決めました。

ワシントン・ニューヨークを1時間で結ぶ計画
米国の構想では,ワシントン・ボルティモア間を20分未満で、将来はニューヨークまで約1時間で結ぶ方針。今回の共同文書では高速鉄道開発を「成長のための投資」としてリニア構想を含め両政府による強力拡大を打ち出しました。
リニア新幹線については、安倍首相がこれまで米国にトップセールスを仕掛けたものの、約1兆円と見込まれる巨額の総工費が米国にはネックとなっているのも現実です。

[2015.5.5]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: リニア新幹線、鉄道で世界最高の603kmを記録!訪米中の安倍首相のリニア輸出トップセールスに期待

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2117

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31