事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

東京モーターショー60周年! 今年は機能性能と安全性能を前面に打ち出した技術が満載。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

環境性能と安全性能が前面に
151116_1.jpg
 東京ビックサイトで開催された「第44回東京モーターショー2015」。世界の自動車メーカーが出展する夢の競演です。今年は、「環境性能」と「安全性能」を前面に打ち出した世界最先端の技術が目を引きました。先進国を中心に車離れが進むなか、この2つは最重要なポイントです。
 
 世界で初公開の車両76台、日本で初公開の車両68台が参集しました。日本勢はなかなか好調で、「トヨタ自動車」は、燃料電池車(FCV)のコンセプト車「FCVプラス」を堂々のお披露目。開発テーマ、「電力を『つくる』と『あげる』」で、駐車中は車がそのまま発電機となり、自らつくった電気を、他の自動車や地域の電力網にも供給できるという優れものです。
 
人工知能がドライバーの体調まで感知!
 「ホンダ」も、新型のFCVを公開。水素燃料をフル充填した走行可能距離は700キロメートルを超え、他社を圧倒しました。大人5人が乗れる広々としたスペースは、燃料電池などを小型化し、ボンネット内にコンパクトに収納した成果です。「日産自動車」は、電気自動車(EV)「リーフ」をベースにした自動運転車でデモ走行を披露し、多くのファンを集めました。
 
 安全性能面でも、目をみはる技術が登場しました。日産自動車のコンセプト車「IDSコンセプト」は、自動運転モードに入ると、ハンドルを収納してしまいます。人工知能(AI)を使って、ドライバーの体調まで感知する驚きの先端技術です。「富士重工業」の「スバル・ヴィジヴ・フューチャー・コンセプト」は、高速道路での自動運転や自動駐車を実現させました。1954年に始まった東京モーターショーは、今回が60周年。入場者数は、ピークだった91年当時(200万人)から減少傾向ですが、日本の自動車産業の底力を新ためて目にした気がします。

[2015.11.16]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東京モーターショー60周年! 今年は機能性能と安全性能を前面に打ち出した技術が満載。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2333

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31