事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

世界シェア調査①:57品目中11品目で日本企業首位!レーザープリンターから飲料まで日本産業の縮図

このエントリーをはてなブックマークに追加  

57品目中11品目で日本企業首位
170715_1.jpg
日本経済新聞社が実施する平成28(2016)年の世界シェア調査の結果が出ました。対象57品目のうち、11品目で日本企業が首位でした。リチウムイオン電池や炭素繊維など先端分野での強みが光り、他国を圧倒しています。デジタルカメラなど首位をキープしつつも、市場が縮小している分野もあります。日本企業の底力はまだ健在ですが、その維持には種々の工夫が必要でしょう。
 
レーザープリンターからビール系飲料まで
57品目は多岐に渡ります。▽デジタルカメラ▽A3レーザー複写機・複合機▽半導体製造装置▽中小型液晶パネル▽リチウムイオン電池▽白色LED▽NAND型フラッシュメモリー▽タブレット▽自動車産業用ロボット▽衣料品▽化粧品▽ビール系飲料▽超音波診断装置▽医療用医薬品▽ネット広告▽音楽ソフト・配信▽検索サービス▽セキュリティー対策ソフト▽スマートフォン▽炭素繊維▽リチウムイオン......。まさに、日本の産業の縮図です。
 
サムスンを抜いたパナソニック
リチウムイオン電池では、パナソニック(パナソニック(株):大阪府門真市 津賀一宏社長)が、韓国のサムスンSDI(水原市 金淳澤社長)をかわして首位になりました。米テスラ(カリフォルニア州 イーロン・マスクCEO)の電気自動車(EV)向けが好調でした。炭素繊維でも、風力発電向けが好調だった東レ(東レ(株):東京都中央区 日覺昭廣社長)がトップを堅持しました。
 
首位ながら市場縮小品目も
一方、首位ながらも市場が縮小している品目も目立ちます。デジタルカメラが代表例ですね。キヤノン(キヤノン(株):東京都大田区 御手洗冨士夫CEO)、ニコン((株)ニコン:東京都港区 牛田一雄社長)、ソニー(ソニー(株):東京都港区 平井一夫社長)の上位3社で7割のシェアを握っていますが、急速に普及するスマホに取って代わられています。レンズ交換式カメラ、A3レーザー複写機・複合機なども同様で、見通しは甘くありません。リコー((株)リコー:東京都中央区 山下良則社長)やキヤノンが上位を占めますが、市場は縮小しています。


[2017.7.15]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 世界シェア調査①:57品目中11品目で日本企業首位!レーザープリンターから飲料まで日本産業の縮図

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2962

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31