事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

川崎重工:相棒のような協調型ロボット「デュアロ」、年産4000台目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加  

「相棒」と呼べる協調型ロボット
170228_1.jpg
産業用ロボット、生産支援ロボットは、実に夢のある分野です。さまざな形態の試行錯誤が続いていますが、そのなかで、人の隣で作業ができる「協調型ロボット」という発想が出てきました。川崎重工業(川崎重工業(株):東京都港区 金花芳則社長)が開発した「duAro(デュアロ)」。2本の腕を使い、人の作業を容易に置き換えられる「相棒」です。
 
必要なスペースは人間一人分
デュアロは、一見、かわいらしい小動物のよう。表面は白く柔らかい素材で覆われており、人に対する威圧感は一切ありません。人間一人分のスペースに設置でき、本体から水平に伸びた2本のアーム(腕)が連動し、部品の組み立てなどを行います。その作業の緻密さは目を見張るレベルで、自動車部品組み立てから、弁当の詰め込み作業までこなせるといいます。

初心者でも使えるコンセプトがミスを防ぐ
コンセプトも、秀逸です。いわく、「誰でも簡単に造れ、使えるロボット」。デュアロの仕事をチェックする作業者は、手元のタブレット(多機能携帯端末)を使いますが、「Aのボルトを取って、取り付ける」など表示がシンプルで、初心者でも扱えます。これにより、作業者がミスをするのを防ぎ、重点的に指導が必要な工程に人をさくなどの効率化も図れます。

2017年に4000台の生産目指す
デュアロの生産スペースは約220平方メートル。一人ひとりの作業スペースを小さく、有効に使えるよう配置し、工場内の小さなエリアで作業が完結するようにしました。生産開始から1年余りですが、平成28(2016)年末には、月産320台を製造。平成29(2017)年度は、国内で4000台の生産を目指します。人件費が世界的に高騰するなか、こうしたロボットが世界を席けんするかもしれません。


[2017.2.18]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 川崎重工:相棒のような協調型ロボット「デュアロ」、年産4000台目指す

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2809

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31