事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

新たな広告手法:360度画像でリリース70%!技術力を生かした広告イノベーション

このエントリーをはてなブックマークに追加  
purezen.jpg
平均4分、読了率は70%
映像の最新技術を駆使して、店舗内の全方向(360度)画像をPRに役立てる新たな広告手法が、注目を集めています。
これによるプレスリリースは、視聴者の平均滞在時間が4分を超え、読了率も70%に上るというから、驚きです。日本の技術力を生かした、新しいPRビジネスの誕生です。

屋内"ストリートビュー"で視界360度
先頭を切る1社が、VR(Virtual Reality=バーチャル・リアリティ/仮想現実)映像などの制作企業「LIFE STYLE」(LIFESTYLE(株):東京都港区 永田雅裕社長)。
グーグルマップの機能である「ストリートビュー」の屋内版を提供する企業として設立され、これまで、約3000か所をデータ化して公開してきました。
皆さんも利用経験があるでしょうが、ストリートビューとは、風景を360度の画像で眺められる機能です。

商品のそばまで接近可能。一気に身近に
同社はさらに、超高機能のアクションカメラを数台搭載した機材で撮影し、画像をコンピューターで合成して、その場所にいるような臨場感を味わえる360度画像サービス「フリック360」を開発しました。
利用者が自分で見る方向を決め、矢印をクリックすれば、奥へ奥へと画像が進み、気になる商品のそばまで近づけます。品質は驚異的。自分の足で歩いているようで、商品が一気に身近になります。文字や写真を使った。PRでは及びもつかない世界です。

ディテールを見たい商品に奏功
料金は、撮影の規模にもよりますが、10万~20万円。スポーツ用品メーカーのアディダス(アディダス・ジャパン(株):東京都港区ポール・ハーディスティ代表取締役)や、アパレル販売のビームス((株)ビームス:東京都新宿区 設楽洋社長)の店舗のリリースなどで採用され、好評を得ました。

sutori-to.png平面写真とは別次元
日産自動車(日産自動車(株):神奈川県横浜市 カルロス・ゴーンCEO)も、31車種の車内撮影でこのサービスを取り入れました。
平面写真とは別次元の迫力で、新車の内部が迫ってきます。まさに、PRの新時代です。

[2016.08.11]


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新たな広告手法:360度画像でリリース70%!技術力を生かした広告イノベーション

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2596

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31