事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

教科書検定、22社中10社が謝礼!/三省堂、東京書籍、教育出版、光村図書出版など総額3500万円超! 「採択目的はなかった」と苦しい弁明

このエントリーをはてなブックマークに追加  

教科書業界のモラルの欠如に唖然
150209_2.jpg
 検定教科書を巡る教員らへの「謝礼問題」。文部科学省が調査結果を発表しました。教科書業界の規範意識の欠如には、あきれるばかりです。そして、教員たちの社会性の欠如も悲しい。不正とは何か、なぜ、不正行為を犯したか。生徒たちに自分たちの言葉で謝罪してほしいものです。
 
 文科省によると、謝礼を支払っていた出版社は、小中学校の教科書を発行する計22社のうち10社。2009年度以降、検定中の教科書を約4000人の教員らに見せ、現金などを渡していました。1人あたり3000円~3万円。謝礼の総額は3500万円を超えています。検定作業に不当な圧力がかかるのを防ぐため、文科省が、検定中の教科書を外部に見せることを禁じている、にもかかわらずです。「採択目的はなかった」という言い訳は通りません。
 
教科書大手の版元の違反が目立つ......
出版社では、最初に不正が発覚した「三省堂」のほか、「東京書籍」「教育出版」「光村図書出版」など、教科書のシェアで上位を占める大手の違反が目立ちます。三省堂のケースでは、謝礼を受け取った校長ら6人が関わった6地区で、教科書が他社から三省堂に切り替わっていました。数研出版に至っては、教育長や教育委員計10人に歳暮や中元を贈っていました。大手のシェアが不正な営業で維持されてきたのなら、これはもはや"事件"です。
 
 調査は今後、都道府県の教育委員会に引き継がれ、謝礼提供が教科書選定に与えた影響を洗い出します。悪弊としか言えない商慣習、営業努力の意味をはき違えた不正行為はどの業界にも存在します。重要なのは、反省し、謝罪し、二度と繰り返さないこと。今回、謝罪する相手は生徒です。

[2016.2.9]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 教科書検定、22社中10社が謝礼!/三省堂、東京書籍、教育出版、光村図書出版など総額3500万円超! 「採択目的はなかった」と苦しい弁明

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2426

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29