事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

日産自動車:三菱自動車への34%出資完了、カルロス・ゴーンCEO「世界首位」悲願

このエントリーをはてなブックマークに追加  
悲願の「世界首位」奪取へ
161125_1.jpg
日産自動車(日産自動車(株):神奈川県横浜市 カルロス・ゴーンCEO)による三菱自動車(三菱自動車工業(株):東京都港区 益子修社長)への34%の出資が10月20日、完了しました。
たぐいまれな経営者であるゴーンCEOの悲願、「世界首位」奪取への展開が注目されますが、現状は楽観できないことは明らかです。

販売目標を大きく下回るEV「リーフ」
ゴーンCEOは、日産の現状に満足していません。今年は、「技術の日産」復活を目指して打ち出した6カ年の中期経営「パワー88」の最終年です。期間中に仏ルノーと共同で150万台の累計販売目標を設定した電気自動車(EV)は、主力の「リーフ」がいまだ販売実績20万台と低迷しています。

戦略ブランド、高級車も成果上がらず
平成24(2012)年には、新興国向けの戦略ブランド「ダットサン」を立ち上げましたが、主要ターゲットだったインドやインドネシアで、やはりめぼしい成果はあがりませんでした。
同年には、高級車ブランド「インフィニティ」の本社機能を香港に移し、独アウディからヨハン・ダネイスン氏を引き抜いて責任者に据えましたが、2年間で路線対立が表面化しし現在は停滞してしまいました。

トヨタ×スズキ提携の影響
パワー88では、世界シェアと売上高営業利益率でともに8%を目指しましたが、直近の営業利益率は7%前後。利益目標を「公約=コミットメント」として社内を鼓舞したものの、達成は困難です。
そこにきて、ライバルのトヨタ自動車(トヨタ自動車(株):愛知県豊田市 豊田章男社長)と、スズキ(スズキ(株):静岡県浜松市鈴木修会長)の提携。自動運転車の開発を巡る、異業種との競争もあります。どんな経営判断するのかゴーン社長の手腕が試されるときです。

[2016.11.25]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日産自動車:三菱自動車への34%出資完了、カルロス・ゴーンCEO「世界首位」悲願

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2706

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31