事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

東京スカイツリー5月開業で観光客年間2,500万人!開業イベント続々開催で経済波及効果900億円

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スカイツリー効果!浅草寺に初詣客過去最多275万人
120120_1.jpg
今年5月22日に開業する東京スカイツリー周辺では、週末ともなれば全国各地から人手が繰り出し地元商店街などに賑わいを見せています。正月3が日、近くの浅草寺には、初詣に訪れた参拝者が275万人と、同寺に統計が残っている昭和49年以降、過去最多。すでにスカイツリー効果が表れています。同寺では、スカイツリーが昨年3月に、完成時の高さ634mに達して初の新年であったことに加え、震災や原発事故などの災禍が影響し最高の人でになったと見ています。開業前に盛り上がりを見せるスカイツリーは開業後、周辺施設と併せて年間2,500万人の観光客の呼び込みを目指します。

商工会台東支部:スカイツリーから区内名所へ観光拡大
東京スカイツリーの地元、墨田区や台東区の商店街や観光協会などでは、今年約100件のスカイツリー歓迎イベントが開催されます。
台東区では、区内で48件のイベントを行う予定で、浅草寺北側一帯の観光振興を行う奥浅草観光まちづくり協会では、マスコットキャラクターを登場させ、ツリーとの撮影会を2月下旬から開きます。東京商工会議所台東支部では、スカイツリーを撮影できる浅草近辺の13ケ所を巡るクイズラリーを3月6日から開催。スカイツリーを撮影に来た観光客に、台東区内の名所へ足を運んでもらい地域の観光振興につなげる狙いです。

最寄り駅は「とうきょうスカイツリー駅」に改称、観光バス、水上バスなども乗降場新設
墨田区も約50件のイベントを開く予定で、江戸東京博物館では2月21日から5月6日まで特別展「ザ・タワー」を開催。国内外の「タワー」にちなんだ絵画や資料が展示されます。スカイツリーの地元商店街・おしなり商店街振興組合でも5月22日の開業に併せ、キャラクターを登場させイベントやセールを予定しています。
多くの観光客を迎える最寄り駅の東武伊勢崎線「業平橋駅」は、3月に改札口も増やし「とうきょうスカイツリー駅」に改称。観光バス利用客には、現在浅草寺周辺に1ケ所しかない乗降場を4月、東武浅草駅前にバス2台分を新たに整備します。また公益財団東京都公園協会が運航する隅田川を走る水上バス・東京水辺ラインの船着場がスカイツリーにも近いことから、水際の風景を優雅に楽しみながらの利用客数が増加しているそうです。


訪日外客数回復!中国・香港・インドからの訪日は前年同月比増
スカイツリーと同時に開業する「東京ソラマチ」には、水族館やプラネタリウムもオープンするなど、もはやスカイツリーは「電波塔」の役割より地域への経済波及効果の役割に地元から期待されます。スカイツリーや関連施設の年間の経済波及効果は880~900億円に達すると見込まれ、どの程度の日本経済押し上げ効果が得られるのかは未知数ながら、開業前の賑わいからも一定以上の効果が期待できます。
日本政府観光局によると昨年11月の訪日外客数551,900人と前年比13.1%減。震災後の4月の62.5%減をピークに月を追うごとに回復。中国や香港、インドからは前年を上回りました。世界一の電波塔・東京スカイツリーの開業で国内外から観光客が集まり賑わいが一層拡大しそうです。

[2012.1.20]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東京スカイツリー5月開業で観光客年間2,500万人!開業イベント続々開催で経済波及効果900億円

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/740

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31