事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

訪日外国人客数、すでに2千万人超え!日本での消費額は初の3兆円台!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

9月単月で過去最高の訪日外国人客数
日本政府観光局は10月18日、今年9月の「訪日外国人客数」を発表。9月の訪日外国人客数は、前年同月から18.9%伸び228万800人と9月として過去最高を更新しました。
171020_1.jpg
9月までの累計では、2,119万7,032人と2千万人を超え、昨年の年間2,403万9,700人を更新するのは現実とななり、3千万円を超える可能性もでてきました。
東アジア市場では、昨年9月にあった祝日が10月にずれたことで旅行機会が減少したものの、航空路線の拡充や、クルーズ船の寄港が増加したことが後押しとなりました。
同局では、秋季の訪日ニーズ獲得に、各市場で訪日プロモーションを実施しており、その効果も出てきています。

訪日全体の7割を占める中国・韓国・台湾の3ケ国
訪日外国人客数の国・地域別を見ると、中国がトップで67万8,300人が訪日。次いで韓国が55万6,900人、台湾が34万7,800人と、この3ケ国だけで全体の69.4%を占めました。
前年同月からの伸び率では、ロシアが前年同月比44.9%と大幅に増加してトップ。次いでベトナムが同31.9%、中国が29.9%と続きます。中国は別としてロシア・6,500人やベトナム・25,400人などの訪日数は、まだ少ないものの日本政府観光局では、世界情勢や旅行先の多様化などを分析し、訪日プロモーションを続けていく方針です。

訪日外国人の日本での消費は9ケ月で3兆円超え
171020_2.jpg
国土交通省観光庁では10月18日、今年1月〜9月までに訪日した外国人客が日本で消費した額が、前年同期から15%増え3兆2,761億円になったと発表。9ケ月間で3兆円を超えたのは史上初で、中国や韓国を中心にアジアからの訪日外国人客の消費が堅調に推移しました。
一時は、中国富裕層の「爆買い」によって日本での消費を大きく伸ばしてくれましたが、ここ数年は、中国からは団体客より個人客のリピーターなどが訪日し、貴金属品や日用品、お菓子など食料品を満遍なく購入する姿が見られ、これまでの炊飯ジャーやウォシュレットを何個も担いでいる中国人は見られなくなりました。日本の文化が理解されてきているように見えます。

10月、すでに中国からの訪日4割増
訪日外国人は10月に入っても堅調に伸びており、中国では1日〜10日まで国慶節(建国記念日)を祝う大型連休があったため、中国だけですでに約4割増えました。
安倍政権では、平成32年に訪日外国人客数4千万人、消費額4兆円を目標としていますが、達成にはまだまだ戦略が必要です。現在は、東京や富士山、関西などが主ですが、少しずつ九州や北陸、北海道へも足を運んでくれるようになっています。日本の文化や季節、レジャー、スポーツなどの魅力を伝えることができれば、より地方は活性化されると思われ、目標値に近づける可能性も高くなります。


[2017.10.20]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 訪日外国人客数、すでに2千万人超え!日本での消費額は初の3兆円台!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3071

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30