事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

セルロースナノファイバー;植物由来で軽い。ボールペンからトイレクリーナーまで。2030年までに1兆円規模

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ボールペンからトイレクリーナーまで
170607_1.jpg
新素材の開発競争が世界的に激化するなか、植物由来で軽くて強い次世代素材「セルロースナノファイバー(CNF)」を使った商品が、相次いで市場に登場しています。国内では、紙おむつからボールペンのインク、オーディオのスピーカー、トイレクリーナーまで幅広い用途があり、今後も拡大する模様。世界最先端のこのバイオマス素材で、世界を席けんしたいものです。

植物繊維を化学的、機械的に処理
CNFは、植物繊維を化学的、機械的に処理し、ナノレベル(1ナノメートルは1ミリの100万分の1の長さ)まで細かくほぐした次世代素材です。軽量ながら、鉄の5倍以上の強度があります。ほかに、極細で表面積が大きい、ガスを通しにくい、粘性があるなども特徴も備えます。日本は官民で研究開発を進めており、国際標準づくりでも主導権を握ろうとしています。

品質の高さから逆輸入も
エリエールブランドの大王製紙(大王製紙(株):東京都千代田区 佐光正義社長)は今年4月、世界で初めてCNFを配合したトイレ用ペーパークリーナーを発売しました。トイレ周辺の目に見えない雑菌や汚れなども除去することができ、従来型のペーパークリーナーより破れにくいスグレモノです。三菱鉛筆(三菱鉛筆(株)東京都品川区 数原英一郎社長)も、インクにCNFを配合したボールペンを北米で発売。インクが極めて滑らかになり、好調のため、昨年から国内でも販売を始めました。日本製紙グループ(日本製紙(株):東京都千代田区 馬城文雄社長)の大人用紙おむつは、従来品の3倍以上の消臭力を誇ります。

30年に1兆円市場へ
経済産業省は2020年にCNFの製造コストを現在の4分の1から10分の1に下げ、30年に1兆円の市場に育てることを目指しています。官民一体の産業化を期待したいものです。


[2017.6.7]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: セルロースナノファイバー;植物由来で軽い。ボールペンからトイレクリーナーまで。2030年までに1兆円規模

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2920

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30