事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

国内の賃金水準が世界的に「貧者のサイクル」!国内時給も地域で200円以上の格差に外国人労働者は?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ベースアップ騒がれるものの、実態は20年前から9%減少
日本国内の賃金はここ数年、安倍政権から企業へ「賃金アップ」を要請するなどベースアップが継続してると言われていますが、過去20年間の日本国内労働者の時給は9%減少しており、主要国では唯一のマイナスとなりました。
産業界ではグローバル化が急速に進み、国際競争力の維持を理由に賃金を抑えてきたためとみられますが、低賃金を温存するため、生産性が向上せず、効率化が進まない「貧者のサイクル」から抜け出せない状況にあります。

労働額は先進国で日本だけがマイナスへ
190326_1.jpg
OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development:経済協力開発機構)によると、民間企業の残業代を含めた総収入について1時間あたりの労働額は、国際的な比較が可能な平成29年と9年に比べ、20年間で日本は9%下落しました。
OECDによると、英国は87%、米国は76%、フランスは66%、ドイツが55%増加したのに対し、唯一日本だけがマイナスとなり、日本の平均年収は、米国の約3割下回る結果となりました。
日本は金融危機に直面した平成9年をピークに労働額が減少し、大企業では定期昇給など1%台の増加を維持したものの、非正規社員も増加し、一人あたりの時給は減少しました。

最低賃金がくの決め方に疑問?
現在の日本の賃金は、最低賃金が決められ、すべての企業が従業員に支払う最低限の時給で、正規社員だけでなく、非正規社員や派遣社員、パート、アルバイトも対象になっています。
厚生労働省では、地域により最低賃金額を4ランクに分け、目安額を示し各地域が最低賃金を決めており、最低賃金を下回れば雇用する企業に罰金が科せられます。
国内の平均時給は、875円ですが、地域別に見れば東京都が985円と最も高く、鹿児島県は761円と224円もの開きがあり、このランクシステムを継続すれば地域間の賃金格差は広がるのが予測できます。

地方、東海4県では賃金問題解決への成功例も
安倍政権は、来年度より新たな在留資格で外国人労働者の受け入れを拡大していきますが、外国人労働者は時給の高い都市部に集中し、地方の人手不足は解消されない懸念もあります。
ただ、人手不足が大きな課題となる企業において、愛知や岐阜、三重、静岡県の東海4県では、外国人従業員が働きやすく、暮らしやすい環境を整えるため、10年前に地元経済団体の協力で「適正雇用と日本社会への適応を促進するための憲章」を策定し、現在でも外国人労働者は増加傾向にあり、取り組みも進んでいます。
こうした新たな取り組みによって、各地域においてもグローバル化の1つとして日本の賃金水準についての議論が期待されます。


[2019.3.26]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国内の賃金水準が世界的に「貧者のサイクル」!国内時給も地域で200円以上の格差に外国人労働者は?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3367

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31