事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

医療ツーリズム:インバウンド2000万人達成後の"切り札"!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

訪日外国人の足を医療分野でも吸収
160216_1.jpg
政府の成長戦略の1つが「医療イノベーション」。その関連で、韓国やタイなどアジア諸国に押され気味の「医療ツーリズム」を、政府は「訪日外国人客数2000万人の達成後の強化策」と位置づけました。訪日外国人客の足を、最先端技術を提供する医療分野でも吸収します。

医療ツーリズムとは、海外旅行と同じように、外国で、満足のいく医療サービスの提供を受けること。「医療観光」とも呼ばれます。整形手術、最先端機器での健康診断、臓器移植などさまざまな分野で行われ、韓国、タイ、シンガポール、マレーシアなどに、主に途上国の富裕層が渡航しています。韓国やタイは、医療ツーリズムを外貨獲得の重要手段とし、政策の柱の1つにするほど。タイでは、富裕外国人のかかる大病院に庶民がかかることはありません。

切り札的な"売り"の重要度が上がる!
医療技術の高さでは屈指の日本で、これまで進んでこなかったのは、言葉やサポートを含めた受け入れ態勢が整わなかったため。2015年の訪日外国人客数(推計値)が前年比47%増の1973万人と過去最高を記録するなど、"追い風"が吹くなか、いよいよ「医療分野でも」ということ。いや、中国経済の減速をみれば、今後の観光客の伸びも楽観視はできない。訪日客拡大を喚起するため、かけがえのない「売り物」として重要度が増したというわけでしょう。

政府の意向を受けて医療産業の海外展開を担う一般社団法人「メディカル・エクセレンス・ジャパン(MEJ)」が、外国人受診者向けに受け入れ体制と質を認証した医療機関のリストをつくり、海外に発信します。産業競争力会議でも、検討項目の1つとして取り上げていきます。

[2016.2.16]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 医療ツーリズム:インバウンド2000万人達成後の"切り札"!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2436

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29