事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

阪急梅田本店リニューアルオープンで2,000人の行列、来客数は1ケ月で400万人!西日本最大の商圏は拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加  

前年割れ続く百貨店復調への起爆剤、来客数は倍以上
7年にわたり増床、立て替え中だった阪急百貨店梅田本店は10月25日、売り場全体の約8割を先行オープン。11月20日までの約4週間で来客数は前年同期比2.2倍の400万人に達したと発表しました。
同期間中の売上高は非公開ですが、中心顧客の40代以上の女性に加え、若年層や家族連れの姿も目立ち、高級ブランド品や紳士服が好調としています。11月21日には全面オープンとなり、開店前には1,800人の行列ができ10分前倒しで開店しました。大阪地区の百貨店売上高は、前年割れが続くだけに梅田本店オープンが起爆剤となることでしょう。
121130_1.jpg
H2Oリテイリング:赤字続く京都、神戸店閉鎖で梅田本店に戦略集中
昨年5月には大阪ステーションシティの大規模改装や、JR大阪三越伊勢丹と専門店街ルクアの開業により、1年間で1億人を超える集客を達成。阪急百貨店は1年半遅れをとったものの、先行オープンでは、JR大阪三越伊勢丹の初日の行列1,900人を上回る2,000人の人気ぶりでした。
阪急百貨店を運営するエイチ・ツー・オー(H2O)・リテイリングでは、梅田本店を建替え中、赤字が続く京都、神戸店を閉鎖し本店に戦略を集中。全面オープンでいったん離れた両店の顧客の取り戻しを目指します。

全面オープン後、売上高1.8倍、来客数は2倍に増加
H2Oリテイリングによると梅田本店が全面オープンした11月21日から25日までの売上高は、前年同期から1.8倍に増加。来店客数も平日で14~15万人、土日祝日が約20万人と前年から約2倍に伸びました。
梅田本店の開業1年後の売上目標は、隣接するメンズ館も含め2,130億円と国内首位の伊勢丹新宿店に迫る規模。来店客数も年間5千万人の目標で西日本全域からの集客を狙います。

百貨店開業効果:JR近距離切符7%増加、阪急梅田駅乗降客4.5%増
JR西日本によると10月の梅田本店先行オープン後、JR大阪駅での近距離切符の購入者は前年から7%増加。阪急梅田駅の乗降客も4.5%増え、百貨店開業効果は明らかとなりました。
一方、同じキタ地区にある大丸梅田店は、人の流れが変わり阪急対策に臨時セールを実施。JR大阪三越伊勢丹でも買い物券などが当る抽選会を開催。今後は、各店クリスマス、年末年始商戦に向け西日本全域から大阪へ集客。商品やサービスの競争で周辺の小売、サービス業への波及効果も期待できそうです。


[2012.11.30]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 阪急梅田本店リニューアルオープンで2,000人の行列、来客数は1ケ月で400万人!西日本最大の商圏は拡大

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1102

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31