事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

天体イベント年「金環日食特需」首都圏では173年ぶり!雲の上から観測、経済効果は数十億円!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

光学機器メーカー:日食特需で売上2~5割増
120426_1.jpg
5月21日の金環日食まで1ケ月を切り、航空や旅行などでは商機に繋げようと熱が入ってます。金環日食は、太陽が月と重なってリング状に輝いて見え、太平洋側の地域で観測できるのは25年ぶり。首都圏からは173年ぶりとなります。観測機器メーカーなどでも、天体特需に期待を高めます。
今年は金環日食にとどまらず、6月には金星が太陽の前を通過する日面通貨。8月には、金星が月に隠れる金星食も全国で観測できます。大手光学機器メーカーでは、双眼鏡などのニーズ増で今年度の売上を例年の2~5割と見込んでいます。

鹿児島、種子島上空から観測ツアー:発売後9割が予約
九州では、鹿児島、宮崎のほぼ全域と熊本、大分の南部地域で観測することができ、関西、関東からも飛行機や鉄道など南へ移動する天体ファンの大移動が見込まれています。
JTB九州では、九州南部へ客を運ぶ商機にチャーター便で早朝、北九州空港を出発。鹿児島、種子島上空、雲の上から金環日食を観測。約3時間後に福岡空港に戻る37,800円からのツアーを企画。4月3日より募集を始めましたが、既に9割は予約で埋まるほどの人気となりました。天候に左右されない空からの観測は何よりのPRです。

JAL羽田初、太平洋上9,000メートル旋回ツアー:7万円でも4時間で半分予約
日本航空は、金環日食観測のために特別機を運航。窓際席は7万円と高額な設定ですが発売初日で半分が売れるなど、金環日食人気を裏付けています。金環日食は東京では5月21日の午前6時19分にはじまり7時34分に最も大きく観測できます。ツアーは羽田空港を6時20分に出発し太平洋上、高度9,000メートルを旋回しながら日食を観測し羽田に戻るとしています。
ツアーを企画したジャルパックは、予約受付開始から4時間で半分ほどが予約で埋まり、人気エリアの席はキャンセル待ちも出ているとしています。ツアーでは、金環日食が結婚指輪のように見えることから、金婚記念を迎える夫婦と、機内でプロポーズを予定するカップル1組ずつが無料招待される予定です。

カメラ量販店:プロ用写真フィルターもアマチュアが購入
一方、カメラ量販店では、撮影、観測機器などの問合せも増え始め、アマチュアカメラマンがプロ仕様の高額な減光フィルターなど数十枚が販売されています。観測用サングラスや天体望遠鏡などは平成21年、一部地域で観測できた皆既日食の際に品薄となったため各メーカーでは急遽、量産体制で商品を供給。今年は早めの対応で準備も進んでいます。
観測用機器から写真やビデオ、書籍、さらに飛行機や鉄道、旅行、宿泊など金環日食による経済効果は数十億円に達するとあります。僅か数時間の天体イベント効果は5月21日直前まで過熱状態が続きます。

▼国立天文台:金環日食日面経過、金星食
 
[2012.4.26]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 天体イベント年「金環日食特需」首都圏では173年ぶり!雲の上から観測、経済効果は数十億円!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/856

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31