事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

ふるさと納税:納税額14億円!認定こども園が10年間無料に!北海道上士幌(かみしほろ)町、

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ふるさと納税の恩恵でこども園が10年間無料に!
160215_1.jpg
 すっかり定着した感のある「ふるさと納税」。その寄付を財源にして新しい施策を打ち出したり、寄付に対する返礼品を募集し、レパートリーを増やすことで町の活性化や寄付金増につなげたりする自治体など、さまざまな独自の動きが出ています。応援したい活動ですね。
 
 北海道の上士幌(かみしほろ)町では、2015年度の寄付額が、町民税収の5倍以上の14億円を超えました。この財源を生かし、認定こども園(定員120人)の利用料を4月から10年間、完全無料化します。上士幌町は、十勝地方北部にある酪農地帯で、納税の返礼特典にした「十勝ナイタイ和牛」が人気を呼びました。寄付の恩恵が、制度の当初の理念通り、住民に届いているのです。ちなみに十勝ナイタイ和牛は黒毛和種で、格付基準が4または最上級の5級のみ。和牛のなかでも一流といわれています。
 
生産者にとっては販売増の足掛かりにも
 山形県新庄市では、15年度の寄付金額(12月時点)が1億6009万円と、前年度(2548万円)の約6.3倍になりました。ふるさと納税に関する検索サイト「ふるさとチョイス」に返礼品メニューの掲載を始めたことが起爆剤になりました。「山形牛」や特産米「つや姫」「はえぬき」、地酒など地元産の食材が人気です。この成功を受け、返礼品の募集を始めています。生産者にとっては、全国に製品をPRするチャンスであり、販売増の足掛かりにもなります。こうして競争が生まれ、みんながやる気になることで、地域は活性化します。
 
 地域創生も、地元の人が自ら知恵を出し、努力する姿勢を示さなければ始まりません。ふるさと納税の活用は、突破口が乏しいなかでのアイデアであり、こうした動きをうれしく思います。

[2016.2.15]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ふるさと納税:納税額14億円!認定こども園が10年間無料に!北海道上士幌(かみしほろ)町、

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2435

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29