事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

小松精練:新資材「グリーンビズ」廃棄汚泥での開発/浄化から緑化まで

このエントリーをはてなブックマークに追加  

6000トンの汚泥廃棄をどうするか?
工場の廃水から資材を作る画期的技術を、繊維染色大手の小松精練(小松精練(株):石川県能美市 中山賢一会長)が開発し、注目されています。同社の2つの工場では、年間約500万トンの水を使っていました。廃水は工場内で処理後、放流しますが、年6000トンの汚泥の廃棄という課題があった。そのコストを減らし、再利用にまでつなげるという見事な発想です。

微生物がいた空洞部分がカギに
170121_1.jpg
開発された資材「グリーンビズ」は、無数の小さな穴があるセラミック素材。保水性が高く、地面に敷いて浸水を防いだり、屋上などで植物を育てる基盤にしたりできます。泥や粘度、けい藻土、鋳鉄スラグを混ぜて乾かし、セ氏1000度で加熱すると、微生物がいた部分が2~3マイクロメートルの空洞になります。この穴に水が通り、吸水性や保水性を高めるのです。その能力たるや、1000平方メートルのグリーンビズで12トン以上というから驚きです。

アスファルトより5~20度涼しい!
すでに、夏場の「打ち水効果」を出すマットして、松屋銀座((株)松屋:東京都中央区 秋田正紀社長)の屋上や大学、長崎空港(長崎県大村市)などに敷かれ、アスファルトよりもセ氏5~20度ほど涼しく過ごせるという効果を示しました。屋上緑化の基盤としても使われています。

そして平成28(2016)年6月、東亜電機工業(東亜電機工業(株):石川県金沢市 安井大輔社長)、トーケン((株)トーケン:石川県金沢市 根上健正社長)などと共同で、水質汚濁が深刻な湖、木場潟(石川県小松市)にグリーンビズを浮かべて浄化する実証試験が始まりました。

売上高を前期比倍の10億円と見込む
可能性は広がる一方で、アロマを吸わせた芳香剤や、トイレなどの内装としても商品を展開。販売では、大和リース(大和リース(株):大阪府大阪市 森田俊作社長)と業務提携しました。価格は1平方メートルあたり1万~2万円程度とやや高めですが、小松精練は、平成29(2017)年3月期の売上高を前期比の倍、10億円と意気込んでいます。


[2017.1.21]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 小松精練:新資材「グリーンビズ」廃棄汚泥での開発/浄化から緑化まで

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2767

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31