事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

ライオン/10年ぶりに歯ブラシ増産、価格競争の日用品分野での快進撃!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

高齢社会とインバウンドがもたらす新需要
160128_1.jpg
 長寿高齢社会の急伸と、訪日外国人旅行者の急増が、思わぬところに新たな需要を生み出しています。歯ブラシでは国内トップシェアの「ライオン」が、1割の増産を決めました。国内生産拠点の明石工場で10年ぶりの増産体制をとるほか、中国・青島の工場の増強も検討中です。
 
 高齢化に伴う歯の健康維持がいかに大切か。超高齢社会で、その認識が消費者に定着してきました。厚生労働省や医療界が啓蒙した結果というより、一人ひとりが実感しているのでしょう。最近では、細かな工夫を凝らした製品を各社が競って発売しています。歯垢(しこう)の除去力を高くする。植毛方法や毛の種類、毛先の形状を変えて磨き心地のよさを追求する。一本の歯ブラシではありますが、感心してしまうほど、数多くの改善点がありました。

日用品が示す日本の技術力!
 この「品質」の高さに、日本を訪れる中国人旅行者も注目しました。お土産用なのか"爆買い"する動きもあり、中国の電子商取引(EC)サイトでも、好調な販売が続いています。異文化の人々に対し、日本の技術力の高さを「日用品」で示せるなんて、誇らしいことです。
 
ライオンは、明石工場と青島工場に合わせて約10億円を投じ、量産体制をとります。明石工場には、ナイロン製のブラシを植え付ける植毛機を導入。毛先を曲面にするなど高機能の製品を効率よく生産する能力があり、主力の「システマ」ブランドなど、利益率の高い中・高価格帯の歯ブラシを対象とします。同社の「クリニカ」や「ビトイーン」など高機能歯ブラシも人気です。値下げ競争が目立つ日用品分野での快進撃、他業種にもヒントになりそうです。

[2016.1.28]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ライオン/10年ぶりに歯ブラシ増産、価格競争の日用品分野での快進撃!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2412

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31