事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

国交省:コンパクト適正化計画支援構想まとめる。8自治体で計画公表。年度内に100計画確定予想

このエントリーをはてなブックマークに追加  

団塊世代の後期高齢者化で待ったなし
急速な人口減と高齢化社会の到来を受け、国土交通省は、309市町村で進んでいる「立地適正化計画」(コンパクト化計画)の支援構想をまとめます。いわゆる「コンパクトシティー」です。1990年代以降、行政側から何度もかけ声があがりましたが、そのたび、地元の反対が出て頓挫しました。しかし、平成37(2025)年に団塊世代が後期高齢者になり、もう待ったなしなのです。
170403_1.jpg
郊外型の開発軸を逆戻し
これまでの失敗を踏まえるなら、まず、補助金や税制優遇などの具体的な政策メニューをそろえることが必須でしょう。自治体の独自性、主張をうまくいかす形で、緩やかに商業施設や居住区を集約・誘導する。日本の住宅地は戦後、一貫して、郊外の開発を軸にしました。それを"逆戻し"するわけで、関係者全員の合意形成をサポートできる柔軟さが必要です。一方で、行政サービスが確実に維持され、行政がそれに責任を持つことの明示も求められます。

年度内に100計画が確定予定
札幌市や青森県むつ市、和歌山市など8自治体がすでに計画を公表し、年度内にも100計画程度が確定する見通しです。例えば、岩手県花巻市。この40年で居住エリアが2倍になりましたが、人口は16%減り、今後20年でさらに17%減少します。そこで、JR花巻駅から半径1キロメートル、バス停から半径500メートル以内などを基準に4つのエリアを定めて病院や保育園などを集め、住宅地は土砂災害などのリスクが低い2つの区域に限っていきます。

「農地のなかに家が1軒」という風景がなくなる
和歌山市は、計画策定とあわせて、郊外への立地規制に乗り出します。これまで50戸以上の住宅があれば郊外でも開発できましたが、平成29(2017)年4月以降は、小学校から300メートル以内などインフラが整う地域に限定します。農地の中にポツンと家がある、というような風景が変わっていきます。


[2-17.4.3]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国交省:コンパクト適正化計画支援構想まとめる。8自治体で計画公表。年度内に100計画確定予想

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2847

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30