事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

マクドナルド、デフレ脱却1,000円バーガー、30万個完売!原田会長「値下げして商品価値も下がったことを反省」

このエントリーをはてなブックマークに追加  

3週連続して土曜日、1日だけの限定販売
130712_1.jpg
日本マクドナルドは7月6日から3週連続で土曜日にクォーターパウンダージュエリーシリーズを1種づつ、1日限りで限定販売することを発表。6日には、第1弾となるクォーターパウンダーゴールドリングを1ケ1,000円と、これまでにない高価格バーガーを目標の30万個販売し完売。7月13日、20日にも同シリーズを1種づつ限定で販売するとしています。
マクドナルドの店舗数は、今年3月末現在、全国に3,268店舗あり、土曜日の来店数は約300万人。1店舗あたり100個弱販売すれば30万個を達成。10人に1人が買う計算から目標設定されています。

化粧箱入り高級バーガー、セット価格はマック史上最高1,200円
日本マクドナルドは、6月24日から史上最高価格のクォーターパウンダーBLTを期間限定で販売していますが、クォーターパウンダーゴールドリングは単品で1,000円。ポテトやドリンクのセットで1,200円とあっさり記録を更新し最高価格となりました。商品の包装も薄い紙の包装と異なり、高級菓子をも思わせる化粧箱を採用し、120円バーガーと一線を画しています。
同社は、平成16年以降、売上高が8年連続して前期比プラスが続いたものの、昨年は前期比で減少。6月からのこれまでにない新製品攻勢で盛り返しを図ります。

消えた100円バーガー、円安で120円に値上げ
マクドナルドは、平成17年に100円バーガーを発売し、デフレの代名詞ともなりました。今年5月には、円安による食材の輸入価格の上昇を理由に120円に値上げ。来年の消費増税との同時値上げによる消費の落ち込みを避け、先手を打ちました。
6月の新製品発表会では、天才的なマーケティングで有名な同社の原田会長兼社長が、「価格を下げたことで商品価値も下がったことは反省点」とデフレ商品の路線を否定。高級バーガーの投入でイメージを払拭する構えです。

値下げか値上げか価格戦略、大きく別れるファーストフード業界
デフレの申し子と言われるハンバーガーや牛丼などファーストフード業界では、価格戦略において値上げと値下げと大きく別れています。マクドナルドが高級路線にでれば、回転寿しのスシローは、1皿105円が189円へ値上げ。少し高くてもおいしい方がいいとの判断です。
一方、すき家と松屋の低価格競争に目もくれなかった吉野家は、4月に牛丼並盛り380円を280円に値下げ。来店客を3割増やすことで売上高を2割増加させる薄利多売に舵を切りました。アベノミクス効果で消費者心理の改善が見られ始めたなか、実態の経済は1,000円や120円のハンバーガーや280円の牛丼が混在。消費の二極化がすすむのか懸念されます。


[2013.7.12]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マクドナルド、デフレ脱却1,000円バーガー、30万個完売!原田会長「値下げして商品価値も下がったことを反省」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1359

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31